中学受験イデアゼミ

中学受験に必要な教科の考え方や入試情報、会員向けの情報を提供しています。 中学受験に関する事でのお悩み事などがあれば(日時をご予約の上)ご相談ください。

資料請求・お問合せ

小3算数:パズル工房①-図形編-自分でパズルを作ろう

日時:7月01日(土)・7月08日(土)・7月15日(土) 13:15~14:40

費用:6,480円(テキスト含む)

 

さてさて、パズル工房?
「おいおい、パズルをやって頭がよくなるのか?」 

 中学受験の進学塾であるイデアが、何でこんな講座を企画したのか?というと、
中学受験の学習指導を専門に十数年、小さな塾を運営してきた経験から、いわゆる難関の進学校に合格していく子供たちの頭の良さは、物事を論理的に考え抜く力であり、複雑な工程を正確に処理していける力だと考えています。なんだか抽象的ですが、それらの力をつけさせるためには何が必要か? はっきり言って、パズルなんかではありません。子供達の思考力をアップさせるには、進学塾レベルの難易度の高い受験に向けた学習が必要ですし、またそれで十分なのです。

「???じゃあ~なんでパズルなの?」

とは言うものの、パズルにもやはりそれなりの効果があります。

パズルを解くために試行錯誤して頭をフルに使って考えること、集中して考えることが、脳細胞を刺激していると言えます。考えることを苦にしない、考えることが楽しい、という感覚を身につけることができます。

 イデアの狙いは、低中学年で、物事をきちんと考えることのできる力を身につけさせたいだけなのです。いきなり勉強!となると、それを積極的に受けとめることのできる子供たちは少数派。3年生や4年生の子供たちに、「塾に行くか?」と聞いて、「行きたい!」なんて子供は、そうそう多くはありませんね。「なんだか楽しそうなパズルの講座だよ。パズルを自分で作ってみるんだってさ。」などと、お父さんお母さんが上手に引っぱりやすいようにしているのです。

 イデアは中学受験の進学塾。イデアの目標は中学受験に向けた学力の養成。パズル工房という公開講座を経て、本格的な中学受験に向けた学習に取り組んでもらえればうれしい限りです。

自分でパズルを作ってみよう

でも単なるパズルの講座なんて、企画上おもしろくありません。だったら、子供たち自身にパズルを作らせよう~ということなのです。

1.タングラムで遊ぼう

タングラムで形を作るだけでなく、自分でタングラムのパズル問題を作ってみます。

2.立方パズルを作ろう(1)(2)

(1)では立方体を積み重ねて、いわゆるビルディングパズルを作ったり、投影図を書いてパズル問題を作っていきます。
(2)は多面体を組み合わせて立体を作ってみます。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。 

0120‐344-509(ミンナデヨシゴウカク)

お申し込みは、WEBからあるいは別紙の参加申込書をFAXしてください。

FAX 075-705-1148

もどる