子供の勉強部屋

中学受験(受検)プレプログラム 小1〜小4(小5) 

中学受験(受検)プレプログラム 開講主旨

 イデアの『私国立中学受験/本プログラム』へ入会を希望してくる子どもたちの中には、計算能力や読み取り能力が不十分なケースがあります。これはある意味当たり前の現象です。入会してくる子どもたちと、イデアで1年以上学習してきた会員生との間に学力差がないとすれば、会員生のご父母から、いったい何をやっていたのか(怒)とおしかりを受けることになります。学力差はあって当たり前なのです。私立の小学校の子どもたちは、さすがにそういった学力差は比較的少ないのですが、特に公文さんなどの学校外学習を継続してこなかった公立小学校の子どもたちの計算能力や読み取り能力などの基礎学力の低さは、中学受験プログラムを走らせるうえで、子供たちの大きな負担になってしまっているのが実状です。
 そこで、『中学受験/プレプログラム』として、無学年制・進級式の講座を導入いたします。低学年の間はこの講座を受講し、公立小学校の履修内容よりも半年から1年先を進んでおけば、中学年(3年生から4年生、最も遅い場合で5年生から入会しても無理なく『私国立中学受験/本プログラム』に合流できることが可能となります。今までは「イデアに来る前には、きちんと公文さんで勉強しておいてくださいね。」とお願いしていたことを自前でやろうということです。ただし、小学校の間に中3の数学くらいまで終わらそうとお考えの方や、中学受験(受検)をお考えでない場合は、素直に公文さんでお願いいたします。『中学受験/プレプログラム』は、あくまで中学受験イデアゼミとして開講しますので、中学受験(受検)をされることを前提としてのお預かりを予定しています。よって小学内容をこえるつもりはありません。次のような開講イメージです。ご参考まで。

中学受験(受検)プレプログラム 特徴

◆ 中学受験(受検)を前提に指導

本プログラムの狙いは、小学校の補習ではありません。また地域の公立中学校へ進学後、高校入試を優位に目指すためのものでもありません。あくまで中学受験(受検)のためのプログラムです。そのため、公立小学校よりも学習進度を速めて、当教室の『私国立中学校受験本プログラム』への移行を無理なくスムースにはかります。プレプログラムといえども、あくまで中学受験イデアゼミが運営する以上、中学受験(受検)の指導に精通した講師が指導に当たります。

◆ 無学年制・進級式

スタート級判定テストを受験いただき、完全理解・定着できているところからスタートさせます。イデアゼミの『私国立中学校受験本プログラム』への移行希望時期をお聞きし、学習計画を策定します。
各曜日の定員は4名まで、集合形式の授業ではありません。個別対応の指導になります。

中学受験(受検)プレプログラム 詳細

◆ 対象と教科 ◆ 

●対象 :
中学受験(受検)を予定している小1〜小4(小5)

●教科 : 
算数(計算・文章題・図形)
国語(漢字・文章理解・記述)
*算数と国語の2科目指導、もしくは算数のみの1科目指導。国語のみの受講は不可。

◆ 費用と指導日・指導時間 ◆ 

●指導日: 2016年度<2月〜>
月・木・金 から選択。
*週に通う回数が同じであれば、事情により曜日を変えることも可能です。

●指導時間: 15:50〜16:50
*1科目・週1回=1時間が基本

●費用: 1科目・週1回=1時間 授業料6000円/月(税・教材別)
1科目・週2回=2時間 授業料12000円/月(税・教材別)
2科目・週2回=2時間 授業料12000円/月(税・教材別)
*教材費は1教科1つの級で約600円別途必要です。
*入会金不要。『私国立中学校受験本プログラム』への移行時には必要となります。

◆ 指導と進級 ◆ 

小学校で勉強する学習項目を600個のスモールステップに分け、これらを最も関連性の強い順番に並べ替えて、独自の「無学年進級式」に整備してあります。テキストにはどこにも学年表示はありません。ひとりひとりの理解度に合ったところから始められ、中学受験に向けた本格的な学習を始める前の、学力の土台を自然に身につけていきます。

お申し込み方法

お問い合わせ

まず、右記までお問い合わせください。⇒ пF0120-344-509

当教室までお越しいただけたら、詳しくご説明いたします。(要予約)

スタート級判定テストの受験とプラン策定

スタート級判定テスト(無料)を受験して、スタート級を決定します。また、イデアの私国立中学受験プログラムへの移行希望時期から、いつまでに何級までを終了させるか、課題はどの程度出していくかというという個別プランを策定します。

スタート級判定テスト・中学受験(受検)プレプログラム申込書<PDF>

クリック

受講開始

戻る

 

 

授業の流れ