子供の勉強部屋

『体系数学』おまかせコース(集合形式) (中1・中2) 

『体系数学』おまかせコースって??

 『体系数学』は、「チャート式」で有名な数研出版さんが中高一貫校用に編集した教科書です。現在の一般的な中学生や高校生が学習するカリキュラムとは異なる順序で組まれてあります。近年、これを教科書として採用する中高一貫校が増えてきています。
 大学進学実績を上げていきたい中高一貫校が採用しているのですから、すぐれている点があるわけです。
 数研出版さんのHPから引用させていただくと、

 【普通の教科書では、学年別に習う内容が決まっているため、学習する生徒たちにとっては必ずしも自然な流れになっているとは限りません。たとえば、「等しい」関係を表す「方程式」は中学校の1年生で学習しますが、「大きい」「小さい」といった関係を表す「不等式」をきちんと学習するのは、高校の1年生。「等しい」「大きい」「小さい」これらはごく自然とつながって理解される事柄です。そこで数研出版は、「方程式」に続いて「不等式」を学習できる教科書があってもよいのではないか、と考えました。・・・】
 もう少し具体的に書くと、「体系数学1代数編」で学習する「不等式」は普通、高1で学習する数Tの範囲です。また「体系数学2幾何編」の半分以上が、高1で学習する数Aの範囲です。このように「体系数学」のカリキュラムは、現在の文部科学省のカリキュラムではありません。(二昔前の?)お父さんやお母さんが若かりし頃のカリキュラムに近いと言えるかもしれません。
 このように、とっても合理的なカリキュラムになっているのですが、一方でゆとりが少ないカリキュラムでもあるのです。
 山登りで例えると、九十九折の山道をいったりきたりしながら、高度を稼いでいくのが、現状の文科省カリキュラムだとすると、「体系数学」のカリキュラムは、急坂を直登していくようなイメージです。

 そんなハードな「体系数学」で勉強に苦しめられるのは嫌ですね。イデアでは「体系数学を楽しもう」をキャッチフレーズにしています。中学受験の算数をクリアできたポテンシャルがあるのであれば、「体系数学」を使って数学の世界が楽しめるはず。学校の成績は・・・もちろんそれも大事ですが・・・、とにかく数学が楽しくなるような講座にしていきたいと考えています。

『体系数学』おまかせコース 2016年度詳細

実施曜日:時間

中1 毎週火曜日・18:55〜20:45

中2 毎週月曜日・18:55〜20:45

費用

お月謝:10.000円/月(税別)

教材費:別途

使用教材

チャート式『体系数学』T(代数編+幾何編)・U(代数編+幾何編)

カリキュラム

受講生の様子を見ながら、無理なく進めていくつもりなので、年間で策定していません。
講座タイトルそのままで申し訳ありませんが、イデアに『おまかせ』ください。

ご参考までに、以下は学習内容です。

学習内容

新中1 2月〜3月 数学準備講座 正負の数〜文字式
新中1 春休み 春期講習 文字式(復習)
1次方程式の計算
1次方程式の利用
連立方程式の計算
中1 4月〜5月 おまかせコース
第1クール
平面図形:基礎+作図(1)
平面図形:対称+作図(2)
平面図形:移動+作図(3)
平面図形:面積+作図(4)
中1 5月〜 おまかせコース
第2クール
1次方程式の計算(復習)
1次方程式の利用(復習)
中1 6月〜 おまかせコース
第3クール
連立方程式の計算
連立方程式の利用
中1 7月〜 おまかせコース
第4クール
不等式の計算
中1 9月〜 おまかせコース
第5クール
空間図形/資料と整理
中1 10月〜 おまかせコース
第6クール
1次関数
中1 11月〜 おまかせコース
第7クール
1次関数/図形と合同
中1 12月〜 おまかせコース
第8クール
図形と合同
中1 冬休み 冬期講習
1次関数復習/三角形と四角形
中1 1月〜 おまかせコース
第9クール
三角形と四角形
新中2 春休み 春期講習
式の展開/因数分解
中2 4月〜 おまかせコース
第10クール
式の計算復習/平方根/
2次方程式の計算
中2 夏休み 夏期講習
式の計算復習/平方根の復習/
2次方程式の復習/
中2 09月〜 おまかせコース
第11クール
図形と相似
中2 10月〜 おまかせコース
第12クール
線分の比
中2 11月〜 おまかせコース
第13クール
中2 冬休み〜 おまかせコース
第14クール
三平方の定理
中2 01月〜 おまかせコース
第15クール
関数

新中2春休みより体系数学Uに入ります。

本講座では、定期考査の対策は行いませんのでご注意ください。

定期考査の対策が必要な方は、個別指導を受講してください。

◆ 対象受講生は中高一貫校の在校生に限ります

本プログラムは高校受験にはまったく対応していません。中学受験に向けて学習した経験のある中高一貫校在校生を対象にしたものです。

*3名以上の希望者がない場合は開講を見合わせる場合があります。

お申し込み方法

お問い合わせ+ご相談

まず、右記までお問い合わせください。⇒ пF0120-344-509

当教室までお越しいただけたら、詳しくご説明いたします。(要予約)

お申込み

下記申込書を、075-705-1148 までFAXしてください。

クリック

受講開始

戻る