子供の勉強部屋

イデアゼミ 日々の取り組み

中学受験イデアゼミの日々の取り組みです。

◇ 入退室時にメールでお知らせ ◇

ご入会時にメールアドレスをご登録いただくと、イデアゼミの入室時と退室時にメールでお知らせいたします。また、15分以上の無連絡による遅刻の場合、通塾途中の事故の可能性もありますので、必ず確認のお電話を入れています。

◇ 国語科「表現カード」 ◇

作文力・表現力・語彙力向上を目指した新たな取り組み
クリック

◇ 算数科「数理パズル」 ◇

授業の前後の時間を利用して、思考力・集中力をUP
クリック

T 授業の流れ

中学受験イデアゼミは、予習不要。授業で学習した内容をしっかり家庭で復習(宿題)していくスタイルです。大人は『1度学習したことが、なぜできない!』と言いますが、それは大人の論理! 子供の論理で考えると、何度も学習してようやく定着していくものなのです。ですから毎週の確認テストで前週内容を確認するだけでなく、4週〜5週サイクルでも、それまでの総復習を行っていきます。このような流れを図式化すると、次のようになります。

クリック

U.少人数制を活かした指導

『少人数制であれば安心』というのは幻想です。アマチュアの大学生の家庭教師の例が一番わかりやすいと思います。家庭教師であれば1対1。少人数制よりもさらにしっかりと子供を見ていくことができるはず。しかしご承知のように現実はそうではありませんね。重要なことは『少人数制を活かした指導』が成されているかどうか!なのです。

テストで間違った問題には

答案を一人一人分析することで、『どの部分がわかっていないのか?』『単なる計算間違いなのか?』などを把握し、指導に活かしています。(確認テストの成績不良者は授業前後の時間でやり直しをさせます。)

家庭学習(宿題)のやり方を指導

宿題のノートをチェックする際にも、ノートの作り方・やり方・やり直しの仕方など、効率的な家庭学習のための、注意事項を一人一人にアドバイスします。

V.ビデオ貸し出しによる学習面のフォローアップ

小4〜小6までの第1講座は、授業ライブビデオをライブラリーしています。

■授業をそのまま撮影したビデオがあるので、体調不良などで欠席した場合に貸し出します。これで授業内容も安心です。

■以前に学習した内容を復習したい、という場合でも貸し出しいたします。各自の弱点補強に有効です。

■イデアゼミの講師陣が授業をする際は、必ず過去のビデオをチェックしますので、担当講師によって教える内容が異なったり、指導方法が異なるということはありません。

(他塾のように、先生が変わると指導法や教え方が変わってしまい生徒が混乱するということは、イデアではありえません。)

W.日々のテストや宿題の取り組み方を一人一人分析!

学習内容報告
ゼミの学習指導内容についての報告です。ホームページ上で、授業内容やその日の宿題を公開しています。授業翌日の1時ごろまでに掲載します。
個人別テスト成績報告
ゼミ・講習会で実施したテスト結果の報告です。テストの得点や総評、宿題達成状況についてご報告しています。ゼミ実施分は毎週、講習会実施分は講習会明けに発行しています。(サンプル)
個人別模擬テスト分析
模擬テスト(五木駸駸堂など)の結果についても、個人ごとに1問1問分析して、結果・状況を発行しています。
個人別状況報告
ゼミ・講習会での子供たちの学習状況のご報告です。ゼミでのご様子は年間3回程度(個別懇談時)、講習会でのご様子は講習会明けに発行しています。

X.ご父母とイデアとの緊密な連携

少人数制の小さな塾だからこそ、ご父母との緊密な連携が可能。

中学入試は心理戦です。

受験が終わってよく耳にすることとして、『受かるはずだったのに不合格』は心理戦に敗れた結果。『受からないと思っていたのですが、まぐれ合格しました』は心理戦の勝利なのです。
精神的にも安定している、18歳の大学受験と異なり、中学受験は、大人になりかけの12歳の子供にかかる試練です。大手の進学塾の『情報力』(たいしたことはないのですが・・・)よりも、小さな塾の『心理テクニック』の方が、合否を分ける力だと確信しています。
その心理戦に必要なのが、ご父母とイデアとの緊密な連携プレーなのです。

■Eメールでの、日々のご相談やご質問を歓迎しています。また差し支えなければ、イデアの担当者よりEメールで、ご様子をご報告したりもいたします。