子供の勉強部屋

才能と努力

才能は天からのギフト。個人的に贈られたものではない!

 「才能」と「努力」
 エジソンの言で有名ですが、1%のひらめきと99%の努力。
 どうもいろいろな説があるようですが、パーセントの数字はともかく、何事かを成すのに「才能」と「努力」が必要であろうことは、エジソンを持ち出すまでもなく一般的に認識されていることです。この2つはちょうど図のようなマトリクスを描くことができると思います。

 

さて、子供たちをおおざっぱにあてはめてみると、理想は「才能」もあり「努力」もいとわないAタイプであることは当たり前。しかしながらAタイプの子供たちは、言葉は悪いですがほっておいても何とかなります。今回の主眼は、Aタイプの1歩手前であるBタイプの子供たちにあります。
AタイプとBタイプに共通するのは、天から授けられた優秀な「才能」にあります。科学的にはご父母のDNAなのかもしれませんが、この「才能」は天からの「ギフト」だと考えるべきでは?と思います。TNTが個人的に腹立たしいのは、せっかく天から「ギフト」をいただきながら、それを磨こうとしないBタイプの子供たちです。何故にその才能を天から授かったのか? グローバル社会で勝ち組になって個人的に豊かになるためではないのです。もちろん「才能は私のだから、磨こうがどうしようが私の勝手でしょ!」でもないのです。その「ギフト」を世のため人のために使うことを前提に、天は贈られたのであって、自分勝手な私利私欲のために与えられたのではない! と考えてほしいと願っています。
できうるならば「才能」には恵まれなかった「努力」型のCタイプにその「才能」というギフトを贈ってほしかったと思います。イデアに限らずたいていの良心的な進学塾では、このCタイプをもっとも手厚く指導していくのではないでしょうか?
 えっ?Dタイプはどうなるのか?? 残念ながらイデアではお預かりしかねるタイプです。努力をしてくれないDタイプにどんな指導をすればよいのか? 正直TNTはわかりません。イデアでは努力をいとわない子供たちを待っています。


<204/09/22WEBLOGと同じ>

戻る