子供の勉強部屋

素朴な欲求を刺激する

2010/11/16 WEBLOGと同内容


YahooのNEWS(2010年11月16日)に
『勉強やボランティア活動をしている子供に、思い掛けない褒美をあげるのは励ましになる。しかし、最初から成績に応じた小遣いを約束すると、「やらされている」感覚が生じ、小遣いをもらえなくなったときに意欲が低下する恐れがあるという。』という記事がでていました。
なるほどごもっともと思われる内容でした。これはなぜ勉強をするのか?とも通じるところです。将来収入の良い仕事に就くため? 現実はそうかもしれませんが、理想を言えば、面白いから勉強をする!となってほしいものです。
先日、6年生の授業の最後に『お帰り問題』(できれば帰ってよろしい。できなければできるまで考えなさい。…という問題)を出しました。早々と『わからへん』を連発する子もいれば(泣)、一方で『こういう問題ができたら、うれしいねん。』などといいながら最後までねばる子もいます。
どちらも人間の持つ本質です。報酬の有無にかかわらず、わからなければいやになり、できればうれしいものです。
ついつい『テストで**点とったら**を買ってあげる。』などと目の前にニンジンをぶらさげてしまう親心も十分理解できます。しかしできうるならば、人間の持つ、できたらうれしい!という素朴な欲求を刺激してあげてほしいものです。しかし一方で、わからなければいやになる!ことをどう乗り越えさせるか? これが一番難しいのですが。……

戻る